TEL

じゅん整骨院のお仕事5

2017.06.23 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰ヘルニア,健康管理,患者さんとの会話,整骨院口コミ,未分類,腰痛症状

Pocket

院長の黒川です。

 

今回で5回目となります。

少し間が空てしまいましたが、1~4回目の内容はこちらからご確認ください。

>>>http://jun-seikotsuin.com/blog

 

さて、前回までの話しで、どんな症状であれば整骨院で施術を受けることができるのか?

そしてどんなときに整骨院へかかるといいのかをお話ししました。

 

今日は、「具体的にどんな施術をしているのか?」についてお話しします。

 

と言っても、施術方針を基軸に施術内容は院によってかなり違うので、

ここでは当院(じゅん整骨院)で行っている施術をご紹介します。

 

 

では、実際に当院でどのような施術を受けれるか?

どんなことをしているか?

 

これについてお話しさせていただくのですが、

実は患者さんによってかなり変わってきます。

 

”患者さんによって”というより”病態や症状によって”と表現するほうが好ましいかもしれません。

なので、いくつか症例をあげて、具体的にどんな施術をしているかお話しします。

 

症例①

先日、「脇腹が痛い」という患者さんが来られました。

当院では、まず問診表を書いてもらい、その後、細かな問診と検査を行います。

そしてその結果、肋骨骨折が疑われたため、エコーで確認しました。

幸いにも大きなずれはなかったため、当院ではアイシングと微弱電流という痛みを抑える電気を行い、

すぐに専門医を紹介させていただきました。

 

症例②

2週間ほど前に来られた患者さんは、左足を痛そうに来院されました。

足首を捻じったようです。靭帯の部分断裂をエコーで確認したので、

患部にアイシングと微弱電流を行い、キネシオテープを貼り、さらに特殊な包帯で固定しました。

固定といってもギプスのようなガチガチの固定ではありませんから、靴も履けますし、大きな不自由はありません。

でもしっかりと固定されていますから、帰りはすたすた歩いて帰られました。

 

症例③

数日前には、腰を丸めとても痛そうに来院した男性の患者さんが来院されました。

いわゆるぎっくり腰です。こんな場合もアイシングです。

さらに関節の動きを改善するテクニック(ボキボキはしません!)と

痛みのために緊張した筋肉を正常に戻すアプローチを行い、最後にキネシオテーピングを行うと、

さっきまで腰を丸めて歩いていた患者さんの背筋はピンと伸びました。

多少の痛みは残っていましたが、その後3回の施術でほとんど症状はなくなりました。

 

症例④

数か月前から腰痛があり、いくつかの治療院に行くも症状は全く改善されず、

悩んでいたところ当院の患者さんの紹介で来院された患者さん。

詳細に所見をとったところヘルニアが疑われました。

すぐに紹介状を書き、専門の医療機関を紹介させていただきました。

その後この患者さんは手術の必要性があるとのことで、

早急に手術を受けることができました。

 

症例⑤

手首が痛いと訴えられ来院された女性の患者さん。

問診のあと所見をとると、手首の小さな骨に異常があり、腫れもありました。

アイシングののち手首の骨を正常の位置へ戻し、靭帯の修復を促進する電気をあてました。

この患者さんはその後2回の施術で腫れはひき、痛みもほとんどなくなりました。

 

なかなか全てを細かく文章でお伝えするのは難しいですが、おおよそこのような感じです。

 

アイシングばかりしているように感じるかもしれませんが、

アイシングは急性期の患者さんで、必要な処置であると判断したから行なっているものです。

だれでもアイシングをしているわけではありませんのでご安心ください。

 

また、施術内容におきましては患者さんの症状や病態に応じて全く異なりますが、

「1日でも早く症状の改善に努める」という基本的な考えは変わりません。

 

 

このように当院では、的確に病態を把握し、適切な施術を心掛けています。

 

Pocket

じゅん整骨院のお仕事4

2017.05.30 | Category: 打撲,肉離れ

Pocket

院長の黒川です。

 

4回目の「整骨院のお仕事」の投稿です。

 

1回目は・・・

整骨院では骨折の応急処置を受けることができ、当院(じゅん整骨院)では、エコー検査、様々な固定材料、知識など

骨折された患者さんの対応ができる体制を整えているということをお伝えさせていただきました。

 

そして2回目は・・・

特に1歳から5歳くらいのお子さんでは、手をひっぱるだけでも簡単に抜けてしまう肘内障(チュウナイショウ)が多く、

大人では肩や肘、指の脱臼が多い。

そして脱臼した際の整復、処置、そして必要に応じて専門医の紹介もさせていただいていることをお話ししました。

 

さらに3回目では、寝違えやぎっくり腰、突き指、そして交通事故でよくみられるむち打ちも捻挫。

できるだけ早く適切な処置を行わないと、治療期間が長引いたりすることも少なくありません。

そして、その処置の一つであるアイシングの方法について解説しました。

 

 

さて、4回目は打撲と肉離れです。

打撲はついつい軽視されがちなケガですが、なかなか治らない場合は注意が必要です。

打撲は、何かが身体にぶつかったり、逆に何かに身体をぶつけたときに発生します。

 

打撲すると内出血が起こり、熱をもちます。

軽度のものであれば、先日お話ししたアイシングを行うと治りは早くなります。

しかし、1週間以上痛みが続くものは少し注意が必要です。

 

打撲の中でも重症な「挫滅」、もしくは骨で起こる「骨挫傷」という状態になっている可能性があるからです。

このような病態であれば、治療に数か月かかることもあります。

 

ですから、「軽い打撲だから大丈夫」と軽視するのではなく、

痛みや腫れが続いたりした場合は、早めに整骨院もしくは最寄りの整形外科等を受診してください。

 

 

そして肉離れの場合も同様なことが言えます。

軽いものでも早めに施術受けたり、相談することで最悪の事態は回避できます。

 

肉離れ?つっただけ?筋肉痛?

 

一般の方にはこの違い、そして判断はなかなかできません。

このような症状がございましたら、いつでもご相談ください。

 

 

 

~あとがき~

わたしの口癖…

「3日たって治らなかったら治らない。

我慢してもいいのは3日まで。

それ以上我慢しても治らない。

だから3日我慢して治らなかったらすぐに施術を受けるように。」

 

 

 

Pocket

じゅん整骨院のお仕事3

2017.05.27 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰治療,むち打ち事故,交通事故・むち打ち,寝違え原因,足首捻挫,骨折・脱臼

Pocket

院長の黒川です。

 

今日で「整骨院のお仕事」3回目の投稿になります。

 

1回目は・・・

整骨院では骨折の応急処置を受けることができる。

また当院(じゅん整骨院)では、エコー検査、様々な固定材料、知識など

骨折された患者さんの対応ができる体制を整えているということをお伝えさせていただきました。

 

そして2回目は・・・

特に1歳から5歳くらいのお子さんに多い、肘内障(チュウナイショウ)について、

手をひっぱるだけでも簡単に抜けてしまうということをお伝えしました。

 

ちなみに子供の肘が抜けたときの症状は、泣く…泣き止まない…手を使わなくなる(だらんとしたまま)…。

また大人で起こる脱臼は肩、指、肘、お皿が脱臼することもあって、

じゅん整骨院では、脱臼した際の整復、処置、そして必要に応じて専門医の紹介もさせていただいています。

何かおかしいなと思ったら当院へご連絡いただくか、最寄りの整骨院、整形外科を受診ください。

 

 

さて、3回目の今日は捻挫についてお話しします。

捻挫といっても多岐にわたります。

首、腰、肩、肘、足首…

関節のある所で捻挫は発生します。

 

寝違えやぎっくり腰、突き指も関節の捻挫になります。

そして交通事故でよくみられるむち打ちも頸部の捻挫です。
 

このような捻挫は、できるだけ早く適切な処置をする必要があります。

負傷して早急に処置を行わないと、治療期間が長引いたりすることも少なくありません。

 

皆さんができることは、アイシングです。

ナイロン袋に氷と同量の水を入れ、患部に直接あてます。

かなり冷たいですが、これを15分行ってください。

 

その後はすぐにじゅん整骨院、もしくは最寄りの医療機関を受診してください。

当院でもアイシング、微弱電流(損傷部の修復促進、腫れの早期軽減などの効果)、

固定など病態を適切に把握し、的確な処置、施術を行います。

 

単なる捻挫と思っていたら、「骨折」ということもあります。

「これくらいで…」と軽く考えず、安心するためにもお早めに治療を受けて下さいね。

 

 

 

 

Pocket

じゅん整骨院のお仕事2

2017.05.26 | Category: 骨折・脱臼

Pocket

院長の黒川です。

 

先日に引き続き、今日も整骨院のお仕事についてお話しさせていただきます。

ちなみに前回は、、、

 

整骨院では骨折の応急処置を受けることができる。

また当院(じゅん整骨院)では、エコー検査、様々な固定材料、知識など

骨折された患者さんの対応ができる体制を整えているということをお伝えさせていただきました。

 

さて、今回はお話しする整骨院のお仕事はズバリ「脱臼」です。

脱臼と聞くと重篤なイメージがありますが、実は身近に起こりえます。

 

特に1歳から5歳くらいのお子さんがおられる場合は注意が必要です。

というのも、私は子供が2人いますが、2人合わせて5~6回肘の関節が脱臼しました。

これは肘内障(チュウナイショウ)といって、手をひっぱるだけでも簡単に抜けてしまうものです。

 

だから親御さんは気をつけて下さいね。

 

ちなみに子供の肘が抜けたときの症状は、、、

泣く…

泣き止まない…

手を使わなくなる(だらんとしたまま)…

 

ただこのような症状は、肘だけに限らず肩が脱臼しても同じような症状になりますので、

何かおかしいなと思ったら当院へご連絡いただくか、最寄りの整骨院、整形外科を受診ください。

 

当院であればすぐに処置(整復)させていただきます。

整復するとお子さんはすぐに泣き止み、何事もなかったかのように遊びだします(^-^;

 

 

ここまで子供の肘の脱臼についてお話ししましたが、

もちろん大人でも脱臼は起こります。

 

特に多いのは肩の脱臼です。

他にも指や肘、お皿が脱臼することもあります。

 

脱臼したときの痛みはとても強いですが、整復すると痛みは一気に少なくなります。

 

じゅん整骨院では、脱臼した際の整復、処置、

そして必要に応じて専門医の紹介もさせていただいています。

 

また、何かお困りごとがありましたらご相談ください。

 

 

 

Pocket

じゅん整骨院のお仕事

2017.05.25 | Category: 未分類,間違った常識,骨折・脱臼

Pocket

院長の黒川です。

 

今日は整骨院のお仕事についてお話しします。

最近は多くの整骨院ができました。

 

ちなみに昔、整骨院は「ほねつぎ」として

認知されていて、

骨折や脱臼した患者さんが駆け込んいました。

 

しかし、最近は整形外科も増え、

以前より整骨院に骨折や脱臼の患者さんが

来院されるケースは少なったのです。

 

 

とはいえ、骨折していても気付かず、

いつも通院している整骨院へいき、

そこで骨折していたことにびっくりすることもあるようです。

 

実際、当院へも月間で数名の骨折患者さんが来院されます。

 

骨折するとどんな痛みが出るのか…?

これは表現は難しいですが、

「とても痛い」です(^-^;

 

でも骨折の可能性があれば、

できるだけ早くじゅん整骨院もしくは、

近隣の専門の医療機関を受診してください。

 

ちなみに骨折すると微熱が出たりすることもあります。

 

 

骨折をした場合の施術は、

何より最初の応急処置が重要です。

 

骨折の種類や場所にもよりますが、

rice処置と言って、簡単に言うとアイシングを行ったり、

固定を行います。

 

その後、病院(整形外科)へ行き、

医師に確認していただきます。

 

 

今では骨が折れたら「整形外科」が当たり前ですが、

当院(じゅん整骨院)では、エコー検査、様々な固定材料、知識など

骨折時の対応も万全ですので、何かあったときはすぐにご相談ください。

 

 

 

 

Pocket

30代 男性 林様

2017.03.31 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰原因,ぎっくり腰治療,整骨院口コミ,機能改善,腰痛,腰痛原因,腰痛症状,間違った常識

Pocket

腰痛と一生付き合うのかと思っていた。

腰痛になったときはとにかくつらかった。

仕事を休むことが多かった。

 

でも、施術を受けて普段の生活が本当に楽になった。

軽い腰痛にはなったが、3回で治って感動した。

 

通院して本当によかった。

 

 

林様が受けた施術はこれです。

http://jun-seikotsuin.com/kaizen_program

Pocket

96.9%の患者さんが最短1ヶ月で ぎっくり腰がなくなりました⁉

2017.03.22 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰とは,ぎっくり腰ヘルニア,ぎっくり腰原因,ぎっくり腰治療,機能改善,腰痛,腰痛原因,腰痛症状,間違った常識,Q&A

Pocket

今まで10年以上腰痛で悩み、

どこに行っても根本的になおらず、

もうなかば諦めかけている方に最適な施術プログラムについて

今日はお話しします。

 

 

実は私も長年腰痛で悩んでいました。

 

私は小学生の時から柔道をしていたのですが、

高校1年生の時に重量級の選手と練習をしていて腰を傷めました。

そこからは毎日毎日いつも腰が痛いという状態でした。

 

柔道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がこの柔道整復師という資格を取得してからも腰痛は常にありました。

 

なぜ腰痛は治らないのだろうか?

修行を積む中でもなかなかその答えにはたどり着きませんでした。

 

そして開業してからも「どうしたら腰痛は治るのだろうか?」こればかりを考え、

毎日論文や書籍などをあさっていました。

 

と、ある日…

今まで勉強したり調べたところで何も出てこないということは、

そもそも今までの常識や概念では腰痛を治すことができないんじゃないかと思ったわけです。

 

そこで腰痛の患者数を調べたところ、

これだけ医療が発展し、治療院や整形外科さんの数が増えているにもかかわらず、

なぜか腰痛の患者さんは増え続けていたのです。

 

そこで確信したのです。

 

やっぱり今までの常識や概念は間違っている可能性がある!

そう思い、多方向からも腰痛との関係を洗い出し、

この機能改善プログラムを開発するに至ったのです。

 

機能改善プログラムは、

私が長年研究し続けようやくたどり着いた

いわば究極の施術です。

 

腰痛治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

96.9%の患者さんが

最短1ヶ月でぎっくり腰がなくなりました。

 

48.5%の患者さんが

軽度の腰痛もなくなりました。

 

腰痛になっても

39.4%の患者さんが数日中に改善するようになりました。

 

 

長文をここまで読み進めていただき、

ありがとうございます。

 

あなたも当院にご相談だけでもしてみませんか?

 

相談方法は簡単です。

当院に電話するだけです。

 

あくまで相談ですから、

電話したからといって当院に通院しなければならないということではありませんので、

お気軽にいまのお悩みを私に相談いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

お電話の際には、

「腰痛のことで院長に相談したい」

とお伝えいただければ、

私がすぐに対応させていただきます。

 

では、あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

Pocket

3分でわかる「運動や健康管理の効果測定」

2017.02.24 | Category: 健康管理

Pocket

今日は私も実際に行っているたった3分でわかる「運動や健康管理の効果測定」について書いていきます。

 

もし間違った運動や健康管理の方法をしていても、その途中段階ではわかりません。

結果、数ヶ月続けたにもかかわらずなんの効果も出ないということになってしまうのです。
では、その途中段階で効果が出ないことがわかっていたらどうでしょうか?

早い段階でその方法を修正することができますよね。

 

ダイエットに失敗、思うようなトレーニング結果が出ない、健康に気を付けているはずなのに病気になる…

このような方はぜひ最後までご覧ください。

 

そもそもこのような取り組みをされている方の重要なポイントは、その方法で本当に結果が出るかどうかです。

でも、今している方法が本当に正しいかどうかがわかるのは結果が出たときです。

結果が出るまでに数か月はかかりますから、数か月間、間違った運動や健康管理の方法をしていたことになります。

これでは、時間だけでなく、精神的にも無駄にしてしまうことになります。

 

では、どうやったらその途中段階で気づくことができるのでしょうか?

 

その方法は、定期的にインボディで検査を受けることです。
インボディは体組成を計測する検査機器です。

何が計測できるかというと、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体水分量、ミネラル量など計測できる項目は21項目におよびます。

これらの項目を月に1回計測することで、正しく運動や健康管理ができているかどうかを判定することができます。

 

例えば、ダイエットの場合、多くの方が減らしたい体重と体脂肪率ですが、食事制限をして仮に体重が減っていたとします。

しかしインボディで測定すると、体脂肪量は変わらず、筋肉量が少なくなってしまっているとどうでしょうか?

これでは、リバウンドの可能性も考えられますし、体力的なところまでも低下してしまい、決して適切なダイエットができているとは言えません。

 

また、スポーツで成績を残したいと一生懸命トレーニングをしていても、インボディ検査をすると筋肉量は一切変化していないとしたらどうでしょうか?

このように、自分では正しい方法と思って頑張って運動や健康管理に取り組んでいたとしても、実際は逆効果となってしまっている場合も少なくありません。

 

ですから、ダイエットをしている方、スポーツ選手、健康に気を付けている方は、

月に1回たった3分でやっていることが正しいかどうかがわかる効果測定として、今日から月に1回インボディを測ってみてはいかがでしょうか?

 

もっと知りたいことがあったり、当院でインボディ検査をご希望の方はコメントして教えてくださいね!
よかったらいいね!してください(^^)!

 

Pocket

なぜ腰痛は繰り返されるのか?

2016.08.03 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰とは,ぎっくり腰ヘルニア,ぎっくり腰原因,ぎっくり腰治療,機能改善,腰痛,腰痛原因,腰痛症状,間違った常識,Q&A

Pocket

あなたは腰が痛くなったことがありますか?

 

多くの方は、一度や二度は腰痛を経験したことがあるのではないでしょうか?

 

なかには、何回も腰痛を繰り返している方もいると思います。

 

 

なんでこんなにも腰痛を繰り返してしまうのでしょうか?

 

そもそもなんで腰痛になってしまうのでしょうか?

 

 

一般的な整骨院などの治療院では、

壊れたものを修復するアプローチを行います。

 

要は壊れた腰を早く治すということを行います。

 

これはとても重要な治療といえますが、

実はこれでは根本的に腰痛を消し去ることはできません。

 

 

というのも、壊れる原因はほったらかしだからです。

この原因を見つけ出すことが、

 

腰痛の治療においてとても重要となります。

 

 

では、じゅん整骨院では一体どのような治療をしているのか?

 

 

 

当院での腰痛治療は、まず、

 

壊れているものをできるだけ早く・きれいに・そして確実に修復していきます。

 

そして、その修復が完了したら、

 

いよいよ腰痛の真の原因を見つけ出し、

その原因を取り除く治療を行っていきます。

 

結果的には、

ぎっくり腰の発生頻度は94.1%で0に。

軽度の腰痛の発生率も低下。

 

さらにたとえ腰痛になっても、その治療にかかる期間が劇的に縮小する。

 

といった結果を手に入れることができます。

 

 

詳細はじゅん整骨院まで。

Pocket

転倒予防!?

2015.06.02 | Category: 機能改善,間違った常識

Pocket

高齢者の年間転倒発生率は約20%(川上ら 2006)

転倒して骨折する確率8.7%(平成22年度高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査)

転倒・骨折によって介護が必要になる確率10.2%

 

このデータを見てあなたはどう思うでしょうか?

 

「私は大丈夫!」

 

本当ですか?

何を根拠に大丈夫でしょうか?

若いから、足腰はしっかりしているほうだから、こけたことないし、、、

 

これらの理由こそ全く根拠がないのです。

転倒によってあなたは痛い思いをするかもしれません。

でも、一番困るのは周りであなたの介護をしてくれる人。

これを忘れてはいけません。

 

いろいろな保険に入ることもいいかもしれませんが、

結局それは保険。

何かあったときのもの。

そう、何かあったときにはもう遅い。

何か起きる前に、起きないようにすることがとても重要なんです!

 

詳しくは、お問い合わせフォームからご相談いただくか、

お気軽に電話にてご相談ください。

 

 

今日のじゅん整骨院にご来院された患者さん

むち打ち(交通事故)、ぎっくり腰、腰痛、寝違え、小指の骨折、膝の痛み、突き指、四十肩五十肩、肩こり

 

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

086-250-3711

Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒700-0953 岡山県岡山市南区西市476 セビアン西市駅前1F
予約初診時のみ予約優先
電話番号086-250-3711
駐車場10台
休診日日祝祭日