TEL

四十肩、五十肩

「腕が上がらない」「肩が痛い」
「夜、痛みで目が覚める」

これがいわゆる四十肩、五十肩の主な症状です。中には、ある日いきなり肩が動かなくなることもあります。あなたの場合はいかがですか?

他にも、肩は痛くないけど腕がうずくように痛むとか、痛みのために寝返りもできないという症状も四十肩、五十肩の特徴的な症状です。

もし同じような症状であれば、岡山市南区西市にあるじゅん整骨院で四十肩、五十肩の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

そもそも四十肩、五十肩とは?

四十肩、五十肩という言葉は古く、江戸時代の頃からそのような概念があったとされています。しかし、最近の画像診断などの進歩によって石灰沈着性腱板炎、腱板損傷、上腕二頭筋長頭炎などが除外され、今ではそれら以外で痛みと可動域制限があるものを総称して肩関節周囲炎と呼んでいます。

肩関節周囲炎の原因は諸説ありますが、完全には解明はされていません。ただ四十、五十歳くらいに多発していることから老化によるものとされてしまうことが多いようです。

四十肩・五十肩になりやすい人、治りにくい人

糖尿病、甲状腺疾患、高脂血症の方は肩関節周囲炎になりやすく、改善が遅れる傾向にあるようです。また、片方の肩が治った後に今度は対側の肩がなる場合も多くみられます。

四十肩・五十肩の回復過程

これは治癒に至るまで、以下のようなステージを経て改善していきます。

①疼痛痙縮期(炎症期) freezing phase

この時期は炎症が主で、痛みがとても強く出ます。安静にしていても痛み、さらに夜間痛といい、夜中に肩がうずくように痛みます。freezingとは凍りかけを意味します。要は肩関節が固まりかけているのです。

②拘縮期 frozen phase

frozenとは凍ったという意味です。この時期は拘縮すなわち固まった状態になる時期です。徐々に痛みはひいてきて落ち着きますが、肩の関節はほとんど正常な動きはできず、あがらない、腰に手を回せないなどの症状があります。

③回復期 thawing phase

やっと治る時期が来ました。この時期は徐々に肩は動くようになり、動かしたときの痛みも軽減してきます。thawingとは雪解けを意味します。

じゅん整骨院の肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の効果的な施術

肩関節周囲炎は発症から治るまでの間、上のように定型的な回復過程を経て改善します。それぞれの期間や症状の程度は様々ですが、いかに早くこの回復過程を通過していくのかが最も重要な課題となります。

もちろん、このような回復過程があるということは、それぞれの時期に適切な施術を行なう必要があります。そもそもその時期を特定することも大切な作業です。じゅん整骨院では、まず今どのような状態でどの時期にあたるのか、そして今どんな施術をしなければならないのかを総合的に判断します。

さらに当院では、肩関節周囲炎に有効な様々な物療機器を導入しております。

    • ショックマスター(拡散型圧力波)立体動態波エレサス(微弱電流)

ハイボルテージ(高電圧治療器)は、局所の痛みを軽減させ、関節可動域を拡大します。エレサス(微弱電流)は、炎症や疼痛を抑制して組織の修復力を高めます。拡散型圧力波(ショックマスター)は、圧力はによって固まった関節の動きや筋肉の拘縮を取り除きます。また、マイクロリカバリーパッチはシール型の電気で、72時間にわたり微弱電流(マイクロカレント)を通電することのできるものです。当院への定期的な通院に加えて、ご自宅でも患部をケアすることができます。

当院へのアクセス情報

所在地〒700-0953 岡山県岡山市南区西市476 セビアン西市駅前1F
予約初診時のみ予約優先
電話番号086-250-3711
駐車場10台
休診日日祝祭日