TEL

Blog記事一覧 > むち打ち事故の記事一覧

じゅん整骨院のお仕事3

2017.05.27 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰治療,むち打ち事故,交通事故・むち打ち,寝違え原因,足首捻挫,骨折・脱臼

Pocket

院長の黒川です。

 

今日で「整骨院のお仕事」3回目の投稿になります。

 

1回目は・・・

整骨院では骨折の応急処置を受けることができる。

また当院(じゅん整骨院)では、エコー検査、様々な固定材料、知識など

骨折された患者さんの対応ができる体制を整えているということをお伝えさせていただきました。

 

そして2回目は・・・

特に1歳から5歳くらいのお子さんに多い、肘内障(チュウナイショウ)について、

手をひっぱるだけでも簡単に抜けてしまうということをお伝えしました。

 

ちなみに子供の肘が抜けたときの症状は、泣く…泣き止まない…手を使わなくなる(だらんとしたまま)…。

また大人で起こる脱臼は肩、指、肘、お皿が脱臼することもあって、

じゅん整骨院では、脱臼した際の整復、処置、そして必要に応じて専門医の紹介もさせていただいています。

何かおかしいなと思ったら当院へご連絡いただくか、最寄りの整骨院、整形外科を受診ください。

 

 

さて、3回目の今日は捻挫についてお話しします。

捻挫といっても多岐にわたります。

首、腰、肩、肘、足首…

関節のある所で捻挫は発生します。

 

寝違えやぎっくり腰、突き指も関節の捻挫になります。

そして交通事故でよくみられるむち打ちも頸部の捻挫です。
 

このような捻挫は、できるだけ早く適切な処置をする必要があります。

負傷して早急に処置を行わないと、治療期間が長引いたりすることも少なくありません。

 

皆さんができることは、アイシングです。

ナイロン袋に氷と同量の水を入れ、患部に直接あてます。

かなり冷たいですが、これを15分行ってください。

 

その後はすぐにじゅん整骨院、もしくは最寄りの医療機関を受診してください。

当院でもアイシング、微弱電流(損傷部の修復促進、腫れの早期軽減などの効果)、

固定など病態を適切に把握し、的確な処置、施術を行います。

 

単なる捻挫と思っていたら、「骨折」ということもあります。

「これくらいで…」と軽く考えず、安心するためにもお早めに治療を受けて下さいね。

 

 

 

 

Pocket

症状別通院頻度

2014.09.09 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰治療,むち打ち事故,交通事故・むち打ち,整骨院肩こり,肩こり,腰痛,足首捻挫,頭痛肩こり,首寝違え,Q&A

Pocket

適切な通院頻度とは!?

これとても重要なことなんです。

でもその症状や病態によって

違うので一概には言えませんが、

大方の目安として参考にしていただければと思います。

もちろん当院を受療された方には、

適宜ご案内させていただきますので

ご安心ください。

 

■足首の捻挫、突き指

  最初の5回は毎日(これは炎症があり、細かな処置が必要なため)、

  その後は2~3日に1回。

  おおよその施術期間は2~6週(←ほんとざっくり)

 

■ぎっくり腰、首寝違え

  最初の3回は毎日(これは炎症があり、細かな処置が必要なため)、

  その後の3回は2日に1回、

  ここでほとんどの患者さんは改善しますが、

  その後も症状が残っているようであれば、

  3~4日に1回のペースでよいかと思います。

 

■むち打ち(交通事故)

  交通事故によるむち打ちは、初期の処置が疎かになりがちです。

  むち打ちは、大きな衝撃を首で吸収しきれずに発生しているので、

  その損傷はとても複雑です。

  

  早期に適切な施術を受ける必要があります。

  

  受傷早期のむち打ちであれば、

  最初の5~8回は毎日、

  その後は2~3日に1回のペースでご来院いただきます。

  

  施術の大方の目安は、

  動く範囲が著しく制限されているむち打ちの場合で3~4ヶ月、

  中等度の制限があるむち打ちの場合は2~3ヶ月、

  軽度、もしくは可動域制限がないむち打ちの場合は1~2ヶ月ほどで

  改善することが多いです。

 

■肩こり

  じゅん整骨院は肩こりに独自の理論をもっており、

  患者さんの症状や病態から適切な通院計画を立てています。

  また、CCRシステムという独自の治療システムを構築していて、

  より計画的に根本的な施術を行なうと同時に、

  急な症状の変化への対応できる体制を築いています。

  CCRシステムについては「自由診療」のページをご参照ください。

  

  careは週に1~3回、

  clearは2~3週に1回、

  resetは1~3ヶ月に1回がとても理想な施術頻度です。

  もちろん、あなたの症状の場合はまた変わってくるでしょう。

  あくまで目安です。

 

■猫背

  猫背は、猫背姿勢が形状記憶している状態です。

  この形状記憶を取るためには、

  初回施術から1週間後に2回目の施術、

  3回目はその2週後、

  4回目以降は3週間に1回の頻度でご通院いただきます。

  多くは1~3回ほどで最初の効果を実感していただけるかと思います。

  ・・・が、やはり元に戻ります。

  ですからその後も少しの間、定期的な通院が必要となります。

  患者さんの猫背のタイプにもよりますが、

  3~6ヶ月ぐらいで安定します。

  それでもまだ気になる方は1~1ヶ月半に1回ほどの

  定期的なメンテナンスをおススメします。

 

 

また何かご不明な点や不安なことがある方は、

どんな些細なことでもわかりやすく、

丁寧にご説明させていただきますので、

お気軽にご連絡ください。

 

 

じゅん整骨院の今日の患者さん

むち打ち、ぎっくり腰、肩こり、頭痛、寝違え、膝痛、スポーツ外傷、手首の痛み、股関節の痛み

 

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

むち打ちになったときに気をつける10のこと

2014.08.25 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち

Pocket

交通事故でむち打ちになった方必見!

今現在、むち打ちでご通院の方も今一度ご確認ください。

むち打ちになったときに気をつける10のこと。

よく覚えといてください!といっても覚えれないと思うので、

ブックマークもしくはお気に入りにでも入れといてくださいね。

では、、、

 

むち打ちになったときに気をつける10のこと

1つ 長時間、上もしくは下向きをしない。

   間違いなく痛くなります。

 

2つ 首をやたらと回さない。

   これも間違いなく痛くなります。

 

3つ 痛いからといって首をもまない。

   もむと筋肉は硬くなり症状を悪化させることがあります。

 

4つ 長時間同じ姿勢をとらない。

   同じ姿勢でずっといると、動きにくくなります。時々動かしましょう!

 

5つ 水分をしっかり取ること。

   身体の60%は水分でできています。こまめに1日最低1.5lは飲むように心がけましょう。

 

6つ よく食べてよく寝ましょう。

   これ身体を治すときの基本!

 

7つ ちゃんと先生の言うことを聞きましょう!

   言われたことは守ってくださいね。

 

8つ 適切な治療頻度で通いましょう!

   たくさん通えば早く治るわけではありません。逆に1週間に1回のペースでは治るものも治りません!

 

9つ 自分の勝手な判断で治療をやめないで下さい! 

   自分で治ったと思っても、治ってないこともあります。ちゃんと治していないと、後々痛みが出てきたりすることがあります。 

 

10  いつも笑顔で!

    超大切!笑顔でいるときは自然と痛みも少ない。笑顔でいるとむち打ちも早く治ります!

 

 

以上が「むち打ちになったときに気をつける10のこと」です。

当たり前のようなことですが、できてない人はたくさんいます。

今現在、むち打ちでご通院の方も今一度ご確認くださいね。

 

 

今日の患者さん

交通事故、むち打ち、肩こり、腰痛

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故・むち打ちのQ&A

2014.08.19 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,Q&A

Pocket

Q 現在別の治療院や病院で治療を受けているのですが転院出来ますか?

A 出来ます。

  患者さんは治療院や病院を選ぶ権利があります。

  よって、転院してはいけないという法的制限は一切ありません。

  転院したい場合はその手続きを行ないましょう。

  ただし、3ヶ月、それ以上もたって転院しようとすると、

  むち打ちなどの治療を長引かせようとしているのではないかと思われます。

  転院したい場合は出来るだけ早くしましょう。

 

Q どのくらい通えば治りますか?毎日通わないと駄目ですか?

A 一般的に、交通事故の治療における通院期間は症状によっても

  変化しますが、むち打ちで大体1~3ヶ月程度です。

  通院頻度に関しても毎日通う必要はありませんが、

  症状の強い間は出来るだけ詰めて通院して頂いた方が

  逸早い改善に繋がります。

  症状の推移によって段々頻度を減らしていくようにするのがよいでしょう。

  

  じゅん整骨院では患者さんの症状に応じて

  次回の来院目安を伝えて

  通院頻度を適切に管理しています

  以前にもお話しましたが、

  これを守って頂かないと治るものも治りません!!

 

 

Q 仕事でなかなか通院が難しいのですが?

A 前回にもお話しましたが適切な通院頻度を守って頂き

  早期改善を図るのが最も良いですが、

  現実的に難しい場合もあると思います。

  しかし、治療が遅れる事で痛みも長引くだけでなく

  仕事の効率も悪くなります。

  まずは身体をちゃんと治す環境作りをして下さい。

 

Q 小さい子供を連れて通院しても大丈夫でしょうか?

A 大丈夫です!現在通院されている患者様の中にもお子様連れの方は

  多くおられますし、生後1ヶ月程度のお子さんを連れてこられる方もいます。

  じゅん整骨院では子供が遊べるキッズスペースがあり、

  さらに小さいお子様の為にベビーベッドも用意しております。

  また、スタッフ全員子供好きなので安心して通院して下さい。

 

Q 予約はしなくても大丈夫でしょうか?

A はい。当院は予約制ではないので空いた時間にそのまま

  来院して頂いて大丈夫です。

  ただ初診時のみは問診・検査等でお時間を頂くため

  予約をして頂きます。

  交通事故治療において早期改善のポイントは

  正確な病態把握が必須であり、

  患者さんに安心して治療を受けて頂く為の

  インフォームドコンセント徹底しているため、

  どうしてもお時間を頂くことになるからです。

  ご来院の際はまず当院へご連絡下さい。

 

Q 水曜日と土曜日の午後は治療できませんか?

A 交通事故の治療は受付時間内であればいつでも受けることが出来ます。

  しかし、水曜日と土曜日の午後は完全予約制となっておりますので、

  治療を受けたい場合は早めにお申し付け下さい。

  すぐに空き時間の案内をさせて頂きます。

 

 

そのほかにも「こんな時はどうすればいいの?」「~は大丈夫?」など

何でも気軽に南区西市のじゅん整骨院にお気軽にご相談下さい。

 

 

今日の患者さん

むち打ち、腰痛、肩こり、突き指、肉離れ

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故による負傷・むち打ちの早期改善のポイント!

2014.08.18 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,Q&A

Pocket

さて、今回は交通事故による負傷、むち打ちを早く治すために

重要なポイントについて話していきたいと思います。

いくつかあるので1つずつ確認していきます。

 

Point1ちゃんと治す。

仕事が忙しい等の理由で痛みを我慢してしまう方も多いですが、

「カラダ」と「仕事」どっちが重要ですか。

「カラダ」が良くならないと100%の仕事など出来ません。

だから体が最優先です。

また、どんな時に痛かったのかなど、

痛みが出る動作などを覚えておいて

治療の際に先生にしっかり伝えましょう。

   

Point2言われたことを守る。

通院頻度や注意事項、運動など指導されたことは

忠実に守りましょう。

   

point3しっかり動く。

あくまで無理のない範囲で身体を動かすようにしましょう。

安静にしすぎると関節や筋肉が動きにくくなり、治りが遅くなります。

 

Point4寝る!飲む!食べる!

どんな怪我でもそうですが、

しっかり食べて、

しっかり水分を摂り、

しっかり睡眠をとる

ことが重要です。

 

Point5ポジティブになる。

「痛くて~が出来ない」「よくならない」とネガティブにならず、

「こんな事が出来る!」

次はこの痛みを無くそう!」

とポジティブに意識を保ちましょう。

 

最後に・・・、

最も重要なpointは「治したいという気持ち」です!!

 

 

今日の患者さん

ぎっくり腰、足首の捻挫、肩こり

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故によりむち打ちになった場合の通院頻度と通院期間

2014.08.18 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,Q&A

Pocket

【通院頻度と通院期間の重要性】

 

一般的に、交通事故の治療における通院期間は症状によっても変化しますが、

通常じゅん整骨院の場合、1~3ヶ月程度です。

治療期間が長引くと交通事故によるストレスを感じる期間も長くなり、

さらに仕事や日常生活に影響が出てきます。

その影響もあってか治療期間が長引くほどむち打ちなどの症状は

残存してしまうケースが多くみられます。

 

さて、通院期間は短いほうが良いと今までのお話で理解できたと思います。

まー普通に考えて早く治療が終わることに不満を持つ人はいないはず。。。

ってかむち打ちを早く治したいと考えるのが当たり前なんですが、

そこで重要となるのが通院頻度です!

 

治療の目的は治す事、

だから適切な通院頻度を守り、

治療に専念する必要があります。

 

適切な通院頻度をしっかり守ることで通院期間は大幅に少なくなります。

じゅん整骨院では患者さんの症状に応じて、

次回の来院目安を伝えて通院頻度を管理しています。

前回もお話しましたが、これを守って頂かないと

治るものも治りません!!

 

大方の目安ですが、事故直後であれば急性期の処置が重要で、

予後を左右するので、最初の3~5回は毎日通院していただきます。

 

その後は少しずつ通院頻度を減らしていきます。

すると徐々に症状は改善されていきます。

 

もちろん細かな通院頻度は私が病態や症状から

判断し、細かくご案内させていただきますのでご安心くださいね。

 

今日の患者さん

肩こり、腰痛、足首の捻挫、打撲、むち打ち

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故で、むち打ちの次に多い腰痛について

2014.08.15 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,腰痛,腰痛原因,腰痛症状,Q&A

Pocket

1,どうして交通事故で腰痛になるの?

交通事故で、むち打ちの次に多いのがこの腰痛。

交通事故の際に強い衝撃が生じ、

腰に曲がる、捻るといった動きが強制され、

関節や筋肉、靭帯などを痛めて腰痛になってしまいます。

 

また、単純に打ち付けたりして痛めるケースもあります。

腰痛もムチ打ちと同様に当日は痛みが無く、

次の日に痛みが強く出るというケースもあります。

 

2,どんな症状が出るの?

腰の痛みはもちろんのこと、足の方まで痛みが放散したり、

シビレを感じたりすることもあります。

また、痛めている組織によって制限される動作や

痛みの強い動作が変わってきます。

 

3,治療はどんな感じ?期間はどれくらいかかるの?

腰は日常生活でも負荷がかかることが多く、

初期治療が遅れたら慢性化してしまったり、

動きの制限が残ったりするリスクも高いです。

 

そのため、早期から動きにくくなっている関節を動かしたり、

筋肉が固まってしまわないようにしていきます。

 

治療期間はむち打ちと同様で多くは1~2ヶ月程度で完治します。

 

 

 

今日の患者さん

ぎっくり腰、足首の捻挫、肩こり、むち打ち

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故で多いむち打ちについて

2014.08.15 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,Q&A

Pocket

1,そもそもむち打ちって何?

人の頭部は結構不安定な状態で体に支えられています。

なので、交通事故で追突されたりして強い衝撃が加わると

鞭がしなるように首が大きく無理矢理動かされます。

 

このとき強制的に首を後ろに反らされた反動で

今度は首が前に倒れながら前上方に引っぱられるます。

 

この時に首の関節や靭帯、筋肉などを損傷したものがむち打ちです。

当日は痛みが無く、次の日に痛みが強く出ることも多いです。

 

2,どんな症状が出るの?

むち打ちも痛める部位もしくは病態によって症状が変わってきます。

首の痛みは勿論ですが頭痛が出たり、

肩や腕に痛みが放散することもあります。

 

また、神経の通り道が狭くなってシビレが出たり、

自律神経などの障害によってめまいや吐き気といった症状が出るケースもあります。

 

なので、これらの症状の原因を診察でしっかりと見極める事が重要で、

じゅん整骨院で特に力を入れているところです。

 

3,むち打ちの治療はどんなことするの?期間は?

その時の状態に合わせて治療を行なっていきます。

初期で炎症があれば、患部を冷やしたり特殊治療器を使ったりして

とにかく炎症を早く引かせます。

 

炎症が治まれば徐々に動かなくなっている関節を動かしたり、

筋肉を緩めたりしていきます。

 

当院では以前お話した通り早期改善のため、

様々な取り組みをしていますので多くの場合、

治療期間は1~2ヶ月程度で完治します。

 

 

 

今日の患者さん

肩こり、腰痛、むち打ち、膝の痛み、足首の捻挫

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故・むち打ち治療の流れ

2014.08.14 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,Q&A

Pocket

じゅん整骨院で、交通事故の治療を受ける場合は、このような流れとなります。

来院

 ↓

交通事故専用の問診表の記入

 事故日や事故の状況、今の症状などを書いていただきます。

  ↓

診察

 触診、専門的な検査法などを行い、患者さんの病態を正確に把握します。

  ↓

病態、治療計画等の説明

 病態や今後の経過、通院期間、頻度の目安などを説明します。

 また、患者さんのお悩みについてもその場ですぐ説明します。

  ↓

施術

 的確な病態把握に基づいた適切な施術を行います。

 施術は計画的に行なわなければ治るものも治りません!

 できるだけ指示に従っていただけるようお願いします。

  ↓

指導・アフターケア

 日常生活での注意点や運動の指導、症状の推移の説明などを行います。

 実はちょっとした指導や患者さん自身の取り組みだけで、仕事や日常生活での痛みは劇的に少なくなります。

  ↓

完治

 交通事故の治療が終わった後でもしっかりと他の痛みや体の悩みなどしっかり患者さんをサポートしていきます。

 

交通事故・むち打ちの治療は初期治療がとても大切です。

そして何より早く治すことが重要です。

長引いてしまえば、のちのちいいことはありません。

早期に適切な治療を受け,できるだけ短期間で治せる環境を作りましょう!

 

 

今日の患者さん

むち打ち、骨折、腰痛、肩こり、お尻の痛み

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

交通事故にあった時にすべきこと

2014.08.13 | Category: むち打ち事故,交通事故・むち打ち,整骨院口コミ,Q&A

Pocket

どんなに気をつけていても交通事故に遭ってしまう事はあります。

中でも多いのはむち打ちですね。

むち打ちで悩む患者さんも多いのは確かですが、

むち打ち以外でも、事故時の処理に悩まれた方も多いのではないでしょうか。

 

事故にあった時にまず何をしなければいけないか?

すぐに答えることができるでしょうか?

・・・

実際の事故現場では頭が真っ白になり、

何をしていいのか分からないこともしばしば・・・

 

そこで今回は実際に事故現場で行なうべきことから、

通院までの流れを順番に整理していきたいと思います。

 

 

  1.交通事故発生

   ↓

  2.負傷者の救護と救急車の手配(119番)

負傷者が軽傷の場合は二次被害を防ぐために安全な場所へ避難させます。

重症の場合は動かさずに救急車の到着を待ちます。

   ↓

  3.安全確保

   車のエンジンを切って安全な場所へ移動させ、道路上の危険物などをできるだけ撤去をします。

   ↓

  4.警察への連絡(110番)

   ↓

  5.事故現場の証人確保

   事故の目撃者がいる場合はその方の証言をメモし、氏名・連絡先などを聞くか、名刺を頂いておく。

   ↓

  6.証拠収集

   以下の項目を確認して携帯で撮影しましょう。

   記憶は薄れてしまうことがあるため、事故直後の記憶が鮮明なうちに記録を残しておきましょう。

    ・事故現場 ・スリップ痕 ・相手/自分の車のキズ ・ナンバー ・免許証 ・車検証

        ↓

  7.自分の加入している保険会社に事故の旨を連絡

   搭乗者傷害保険を掛けている場合請求することが出来ます。今後の対応についても相談しましょう。

   ↓

  8.医療機関の受診(整形外科)

   病院で診察を受け、診断書を発行してもらいます。                                       とくにむち打ちの場合は、事故直後は症状が無くてもその後に症状が現れることが多いので、            しっかり専門の先生に診てもらいましょう。

   ↓

  9.診断書を警察に提出

   提出することで人身事故扱いとなり、自賠責での治療を受けることができます(例外有)。

   ↓

  10.病院で治療?整骨院で治療?

   整骨院にかかる場合は、事前に相手の保険会社に整骨院にかかる旨を連絡してから通院します。

   ↓

  11.通院

 

以上です。

結構めんどくさいですね。

でもここを押さえておくことで、処理がスムーズになります。

そして、通院にまでたどり着いてしまえば、

あとはわからないことがあれば整骨院の先生に聞けばいいので安心ですね。

もしわからないことがあれば、すぐにじゅん整骨院へご相談くださいね。

 

また、この流れについてじゅん整骨院では、

『交通事故完全対応マニュアル』

として、皆さんにお配りしています。

 

「先生!この対応マニュアルがあってよかったよ!」

と、たくさんのお声を頂いています。

 

何にせよ交通事故にはくれぐれもご注意ください。

 

 

今日の患者さん

肩こり、むち打ち、膝の痛み、突き指、腰痛

岡山市南区西市にあるじゅん整骨院

Pocket

当院へのアクセス情報

所在地〒700-0953 岡山県岡山市南区西市476 セビアン西市駅前1F
予約初診時のみ予約優先
電話番号086-250-3711
駐車場10台
休診日日祝祭日